FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
スポンサーサイト
スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


移籍のコトとか、背番号のコトとか・・・
スポンサードリンク


トーマス・トゥヘル新監督による新生ドルトムントに向けて、色々な動きが出てきています。

全く根も葉もない噂レベルの話から動かぬ証拠の揃ったほぼ確定レベルの話まで、ありとあらゆる話が出てきていますので、このあたりでサラッと要点をまとめておきたいと思います。

1. ドルトムントに新加入した新しい仲間!!

・ユリアン・ヴァイグル(MF)
Julian_Weigl.jpg

1860ミュンヘンからU-20ドイツ代表ユリアン・ヴァイグルの獲得を発表しました。契約は2019年6月30日まで。ヴァイグルは19歳のMFで、昨シーズンブンデスリーガ2部では23試合に出場、今回のU-20ドイツ代表にも招集されている期待の若手です。ルールナハリテン紙にはヴァイグルには250万ユーロのバイアウト条項があり、ドルトムント側がそれを行使したようです。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っています。
「ユリアン・ヴァイグルはセントラルミッドフィルダーにおいて大きな展望があり、我々は大きな成長の可能性を信じている」

ドルトムントは若手を育ててブレイクさせるのが上手ですから、これは期待大ですね!!

・ゴンサロ・カストロ(MF)
Gonzalo_Castro.jpg

ドルトムントは、レバークーゼンからゴンサロ・カストロを獲得しました。契約期間は4年。

ドイツ代表で5試合の経験がある27歳のMFは、ブンデスリーガで通算286試合に出場し、25ゴール57アシストを記録しています。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは以下のように語っています。
「経験豊富で高い技術を持つMFを我々のチームに加えることができてとても嬉しい。彼はさまざまなポジションでプレーできる」

サイドバックやインサイドハーフ、そして場合によってはシャドーストライカーにもなり得るユーティリティープレーヤーですので、シーズン中盤で故障者が増えた時などにもとても役に立ってくれそうです。

・ロマン・ビュルキ(GK)
Roman_Buerki.jpg

ドルトムントは、来季2部に降格するSCフライブルクからスイス代表GKのロマン・ビュルキを獲得し、4年契約を結んだと発表しました。

24歳のビュルキは、フライブルクの守護神として今シーズンのリーグ戦全34試合に出場しており、ドルトムントでは、ロマン・ヴァイデンフェラー(Roman Weidenfeller)やミチェル・ランゲラクらとポジションを争うことになります。

スイス代表として2試合に出場しているビュルキは、ドルトムントと2018年までの契約を交わし、その規模は総額450万ユーロ(約6億2000万円)と報じられています。

2. 結局、この人たち、どうなっちゃうの?

・ロマン・ヴァイデンフェラー
Roman_Weidenfeller.jpg

ビュルキの加入によりますます厳しくなる正GK競争。「頼れるアニキ」ことヴァイデンフェラーも今や34歳。経験こそ大きく上回るものの、やはり若さにはかないません。。。
そんなアニキにはトッテナム、シュツットガルト、ヴァレンシアなど複数のクラブからオファーが出ているようです。
ドルトムントとヴァイデンフェラー。13年もの長い付き合いでしたが、いよいよ別れの時が近づいているのでしょうか・・・?

・イルカイ・ギュンドアン
Gundogan_and_Kagawa.jpg

ギュンドアンが(正確には代理人が)2016年以降に及ぶ契約延長のオファーを拒否した時、『ドルトムントのギュンドアン』というものは終わりを告げたかに思えました。しかし最近になって各種メディアが伝えているように、イングランドなどの外国クラブやドイツ国内のバイエルンなどからの興味があるにもかかわらず、それらの交渉が年俸など金額の問題が原因でおしなべて不調であり、結果的にドルトムントとギュンドアンは改めて契約延長に向けて話し合いを持つことになったようです。

個人的には、彼は良い人オーラ全開の素晴らしい若者であり、何よりもかの香川真司選手の「大親友」ですので、是非ともドルトムントに残って香川と一緒に本来の調子を取り戻してもらいたいと思っています。何だかんだ言っても世界ナンバーワンであるドイツ代表の大事な1ピースですし、本調子でない時期に中途半端な移籍をするのは得策ではないと思いますよ。

・チーロ・インモービレ
immobile.jpg

この人はとにかく、「悪いこと言わないから、早くイタリアに帰った方が良い」です。
セリエA得点王という鳴り物入りでブンデスリーガにやってきた彼ですが、プレイスタイル、順応性、性格などどれを取ってもドルトムントやブンデスリーガには向きません。彼の獲得はクロップやドルトムント全体のミスです。
トゥヘル新監督は「あと1年はチャンスがある」と言っていますが、本人の希望しているナポリに早いとこ移籍した方が本人のためにもドルトムントのためにも良いことだと思います。

・ピエール=エメリク・オーバメヤン
Aubameyang.jpg

このドルトムントの”スピードスター”に、プレミアリーグのアーセナル、チェルシー、そしてマンチェスター・シティなどが興味を持っているとされています。
2013年にたった1300万ユーロでドルトムントへやってきたガボン人のオーバメヤンですが、今やその額は4000万ユーロにまで釣り上がっていると言われています。

果たしてこのような移籍はあり得るのでしょうか?少なくともドルトムントにとってこのガボン人はなくてはならない戦力です。もし彼がいなかったら、この2014−15シーズンは一体どのくらい悲惨なものになっていたことでしょう。。。チーム内の親友であるマルコ・ロイスとともに今後もバットマン&ロビンとして確固たる得点源としての活躍を期待したいと思います。

3. 香川、背番号変わるってよ!!

本日流れた各メディアのニュースですが、香川真司選手の来シーズンの背番号が、現在の「7」から、慣れ親しんだ「23」に戻るそうです!!

現在の7番から、
SK7.jpg

慣れ親しんだ23番へ。
SK23.jpg


香川選手がマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに復帰した際には、彼が元々つけていた23番は韓国のチ・ドンウォン選手がつけていたため香川選手は7番をつけることになりました。しかしその後、チ・ドンウォン選手がドルトムントを去り(アウクスブルクに移籍)、その23番はザルツブルクから新加入のケヴィン・カンプル選手に受け継がれることになりました。
今回、トーマス・トゥヘル監督による新体制に移行するにあたり、この辺はシャッフルされたようで、香川選手には慣れ親しんだ23番が戻り、カンプル選手には新たに44番をつけ、マインツから復帰するヨナス・ホフマンが香川の7番をつけることになったようです。

現を担ぐ訳ではありませんが、香川選手には、この23番とともに是非ともかつてのような大活躍ぶりを見せてもらいたいものです。香川選手のような繊細なメンタルの持ち主にとっては、『たかが背番号、されど背番号。』であると思います。日本代表の10番もちょっと重すぎますが、ドルトムントでも7番よりは23番の方が気持ちがスッと軽くなり、プレー全体に好影響をあたえるものと思われます。


さあ、7月1日には新しいユニフォームも発表になるようですし、心機一転、新生ドルトムントに大いに期待しようじゃありませんか!!

スポンサーサイト
スポンサードリンク


『痛恨のドロー』が、一瞬で吹き飛びましたwww
スポンサードリンク


W杯2次予選 シンガポール戦。

もう、この試合の内容や結果については、多くのマスコミやファンの人達があらゆる切り口や感情で語られているので、トミーは特に何か言おうとは思いません。

『痛恨のドロー』。

確かに残念。非常に残念、かつ意外でした。



しかし、しかし、

そんなことが一瞬で吹き飛んでしまうようなことが、

埼玉スタジアムでは繰り広げられていたんですね!!


ドルトムントで香川と仲良しのギュンドアンがドイツ代表の試合の後、なんとわざわざ来日して、香川の応援に来てくれていたんですよ!!

ギュンドアン、ありがとー!!

しかも、こんなツーショットまで撮って!!

CHqJkckUwAA9m2O.jpg

・・・ん?

CHqJkcmUAAAaxqt.jpg

・・・あれ?



え?・・・



何だ、この、写真全体に漂う『これじゃない感』は・・・






実は、

ギュンドアンとツーショットを決めていたのは、

なんと、ニセ香川でした!!

NiseKagawa.jpg

『どるとんず』 というコンビを組まれている 浅野智秋さんという モノマネ芸人さん だそうです!!


いいですよね。この絶妙なB級感w

ワンランク品質を落としたような顔の雰囲気。

そして、貧弱な身体。

完璧にそっくりじゃないところが逆に心に響きます!!


以前、『笑っていいとも!/第21回細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』にも出演されていたようで、

かつて話題になった クロップ監督との問題のシーン

をこんな感じで再現したそうです!!これは笑えるwww
1QCBd4zO.jpg

しかし、マニアックですね。

確かに、これは細かすぎて伝わらない、てゆーか、知ってる人にしか伝わらないモノマネですね!!

考えてみたら、コンビ名の『どるとんず』っていうのも・・・

・・・そういうことですよね?


こんなマニアックなコンビ名にしたり、分かりにくいモノマネをしたりするとは、よっぽど彼は、香川やドルトムントのことが好きなんでしょうね!!

そして、クロップ監督を演じてるのは、相方さんかな?なかなか良い感じを出してますね。


今後、売れるかどうかは良く分かりませんが、、、

是非ともトミーは注目&応援していきたいと思っております!!

七夕の川崎にも現れるかもね!!

スポンサードリンク


イラク戦における香川真司
スポンサードリンク


6月11日の親善試合 イラク戦。

『ハリル・ジャパン、中東の強豪イラクに4-0で快勝!!』

『本田、槙野、岡崎、原口の4人がゴールを決める!!』

『宇佐見、柴崎ら新世代が躍動!!』


といった見出しが、典型的なマスコミ各社の見出しだと思います。

9302b0f7626f5bea1153ec4de33c4196.jpg


一方、そういった華やかな見出しの裏で、もうひとつ典型的な論調となっているのが、

『背番号10 香川真司がダメだった』

という点です。


さてさて、皆さんはどう思われましたでしょうか?

確かに、この試合で香川が放ったシュートはたったの1本でしかもGK正面。またしてもゴールはならず。
槙野がゴールを決めたCKのキッカーは実は香川だったのですが、それほどそのCKの精度や素晴らしさは話題とならず、その他のゴールにもアシスト等で絡むことはありませんでした。

果たして、香川は本当にダメだったのでしょうか?

どこかの記事にあるように、今後はスタメンさえも危ういのでしょうか?


view0019380870.jpg


トミーの結論はこうです。

『全く心配にはおよびません!!』

<根拠(らしきもの)>
1. そもそも、今の香川は調子良いです。

ブンデスリーガ終盤からしっかり調子を上げてきており、身体も感覚もキレッキレで、実際、リーガの最終節やDFBポカール決勝ではゴールやアシストといった結果も出してきています。もう、あの本当に長かったトンネルからは香川は抜け出しています!!

2. 香川にだけマンマークがキツかった。

常に2人のマンマークがついていました。何故か本田にはマンマークはついていなかったですね。そのため、香川は自分のマークを引き連れて本田や宇佐見が前に出るためのスペースを空ける動きに気を使っていたようです。それでチームとして点が取れればまあ良いじゃないですか!!

3. 宇佐見や柴崎との連携向上はまだこれから。

岡崎や本田との連携はすでに完成の域ですが、宇佐見や柴崎といった新戦力との連携が向上し実際の得点に繋がるのはまだもうちょっと先かと。香川本人や宇佐見の試合後インタービューなどからもその辺りがはっきりと伺えます。この辺の連携が取れてくると日本の前線は今とは見違えるような動きになると思われます。

4. 日本代表チームはドルトムントを手本のひとつにしている。

これは以前ニュースにもなりましたが、ハリルさんは良い時のドルトムントの戦い方のビデオを選手達に見せて、日本が今後目指すべきチームの手本のひとつにしています。当然そのビデオには香川真司の姿があるのですが、はっきり言って、今の日本代表はまだまだ全然ドルトムントのような動きは出来ていません。だから香川もまだ最高には生きてこないのです。

5. ハリルさんは香川の才能と実力を認めており信頼している。

ちょくちょくインタビューなどでも言ってますが、これは確かですよね。敢えて、4-2-3-1のシステムを日本のベースにしていることからも、ハリルさんがトップ下 香川を中心に戦術を考えていることが分かります。「全てのポジションでレギュラー争いがある」と言いつつも、トップ下だけはせいぜいサブで考えられるのは清武くらいで、本気で香川を脅かすような存在は実際いません。


という訳で、まだまだ香川真司・大活躍!!というところまでは行きませんが、もう少しの辛抱だと思っております。

W杯予選もこれから長い道のりですからね、まあ、色んな意見があってしかるべきですが、トミーは長い目で見て、徐々に良くなっていってくれれば良いと思っています。

DSC_9655-500x333.jpg

スポンサードリンク


さようなら クロップ監督&ケール!!ようこそ トゥヘル新監督!!
スポンサードリンク


DFBポカール決勝の後、ドルトムント永遠の英雄である

ユルゲン・クロップ監督と前キャプテン セバスティアン・ケール選手の送別会

が行われました。

G_Kraftwerk_Watzke_Rede_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
クロップ監督とケール選手とともに2名のコーチともお別れです。

G_Kraftwerk_Klopp_Watzke_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
ヴァツケCEOとクロップ監督の抱擁シーン(泣)

G_Kraftwerk_Klopp_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
記念品一体なんでしょうね?

G_Kraftwerk_Watzke_Kehl_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
こちらはヴァツケCEOとケール選手です。清々しい顔をしてます!!

G_Kraftwerk_Klopp_Rede_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
クロップ監督は「私は7年間に及ぶドルトムントでの数々の想い出を消化しなければならない」と述べました。この後すぐにどこか別のチームの監督になることはなく、どのくらいの期間かは分かりませんが、いったん休息を取るつもりだそうです。

さようなら!!クロップ監督、そしてケール選手!!
11373493_1643704219194990_820500834_n.jpg

あなた方と同じ時代を生きることが出来て、本当に幸せでした!!
11372406_1173597882665888_1165033979_n.jpg
本当に、本当に、ありがとう!!愛してます!!絶対に忘れませんっ!!


・・・さてさて、一方、

本日、トーマス・トゥヘル新監督が、監督就任記者会見を開催

したようです。

90G_Tuchel5_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
大注目の就任会見!!

11311908_1644218795800976_375944962_n.jpg
ドルトムントに新しい時代がやってきます!!

90G_Tuchel2_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
トゥヘル新監督、なかなか良い笑顔です!!

90G_Tuchel4_bvbnachrichtenbild_regular.jpg
トゥヘル監督は「私はとても感情的な監督なんですよ」と自己紹介しています。

「ここドルトムントでこれから多くの経験を積むことを楽しみにしています。この類のパワーは言葉では説明しにくいですね。」と半ば興奮気味に語ると、続けて、

「最大の幸運はドルトムントが非常にアクティブで攻撃的なサッカースタイルを持っていることです。」

とドルトムントのサッカースタイルを賞賛しています。

90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_regular.jpg

そして、最後にトゥヘル監督は前任者であるユルゲン・クロップ監督に対して

「ドルトムントの確固たる基盤を作り上げてくれた」

と敬意を表し、その上で

「ドルトムントの新しい歴史を描けるかどうかは私たち自身に懸かっています!!」

と新時代の幕開けを宣言していました。


さぁ〜、トゥヘル新監督、

トミーは期待していますよ〜〜〜!!

宿敵バイエルンをボコボコにしたり、チャンピオンズリーグに返り咲いたりする強〜いドルトムント、そして見ていて心からワクワクするサッカーをする新生ドルトムントを、あなた流の新しい形で、産み出して下さい!!

どうか、どうか、よろしくお願いします!!

スポンサードリンク


copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。