FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
スポンサーサイト
スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


香川真司 2戦連発!!1G1Aと絶好調!!
スポンサードリンク


ドルトムントのアジアツアーは、日本を離れ、シンガポール・マレーシアに移動しました。

175a79f3ff3246afb121c551f866e041.png

到着日夜のトレーニング
20150709-Singapore-text-pick.jpg

香川真司とシンガポールの夜景
39G_Asien6_bvbnachrichtenbild_regular.jpg

シンガポールでの盛大な食事会。めっちゃ楽しそうw
やっぱり隣はギュンドアンなのねwww
でも左隣には丸岡くんがぴったりとマンマーク。
CJZp_XbUcAEq7SY.jpg

マレーシアのジョホールバルにあるプーマストアでのイベントには、ロイスとヴァイデンフェラー兄貴が参加。500人もの観客へのサインや写真撮影に応じました。
0df34a1b61ec0bd1c8d8af300c0a6afa.jpg


そしてそして、翌日はアジアツアー2戦目の親善試合。
現在マレーシアリーグ2位の王者ジョホール・サザン・タイガースと対戦し、6-1と快勝しました!!

めちゃくちゃキレイなロッカールーム!!
20150710-Dressing-room.jpg

ギュンさん跳躍の図
20150710-Gundogan.jpg

香川さんのドリブル
0226b2560921473f125157835827cd44.jpg

快勝を喜ぶオーバさんとミキさん。
何故かこの写真の香川さんの顔、どるとんずの浅野智秋さん(モノマネ芸人)に寄せてってません?(笑)
0043a48baf5d5faa34f084d3a32cdb1f.jpg

参考写真↓
201507071655339bb.jpg

BVB前半:ヴァイデンフェラー;ピシュチェク、フンメルス、スタンコビッチ、シュメルツァー;ベンダー;カンプル、ギュンドアン、ムヒタリアン、ザウアーラント;オーバメヤン

BVB後半:ビュルキ;ドゥルム、スボティッチ、ソクラティス、ドゥジアク;ヴァイグル;ホフマン、シュテンツェル、香川、丸岡;ロイス

ゴール:ギュンドアン(22分)、オーバメヤン(29分)、カンプル(32分)、ロバット(40分)、香川(74分)、ドゥジアク(82分)、ロイス(90分)

全ゴール&ハイライト動画(ブンデス公式)↓


<ドルトムントのゴール>
1点目:ギュンドアンの21m FK弾!!
2点目:シュメルツァーの低く速いクロスをオーバメヤンがゴール!!
3点目:タイガースのGKがギュンドアンのクロスをキャッチし損なうと、カンプルがこぼれてきたボールをゴールにたたき込む!!
4点目:ロイスがペナルティーエリアの左に絶妙なスルーパスを供給。これを丸岡が逆サイドへ折り返すと、香川がカーブをかけたフィニッシュをゴール隅に決め、4-1とする!!
5点目:ドゥジアクが見事な個人技から追加点!!
6点目:ロイスが香川とのワンツーを経てBVBの6点目を奪う!!香川の見事なヒールパス!!

<タイガースのゴール>
1点目:半年前にBVBのU-23チームで練習していたガリー・スティーブン・ロバットがボレーをネットに突き刺し1点を返す!!


試合の翌日はオフだったようです。

プールでリラックス
632e706e2c3ce3e83823e568560c52a7.jpg

おやおやトゥヘル監督もwww
39G_Asien_Tuchel_bvbnachrichtenbild_regular.jpg

シンガポール最後の夜は食事会やクルーズを楽しんだとか。
342c5b0742e4159bcff16318fc0dd2aa.jpg

c733c429459372e23f72601262ff97c6.jpg


今回のアジアツアーはマーケティング的にはもちろんですが、トゥヘル監督の新生ドルトムントの新たなチャレンジに向けてかなりの大成功だったのではないでしょうか。

守備的にはまだ若干の不安が残るものの、従来の4-2-3-1に加え、4-1-4-1という新しいフォーメーションを試しながら攻撃陣の連携が非常に高いレベルで機能することが確認出来た(格下相手の試合ばかりとは言え、全試合で6点や17点といった大量得点をGet)ということ、そして昨シーズンなかなか不調を抜け出せなかった香川やムヒタリアン、ギュンドアンなどが今のところ非常に調子を上げてきており、何よりもドルトムントのスターであるロイスが怪我もなく絶好調で香川らとの流れるような連携を見せていることなど、沢山の収穫があったように思われます。

攻撃パターンを見ていてもクロップ時代に比べて、心なしか引き出しが増えているように感じるのは私だけでしょうか?
ゲーゲンプレッシング一辺倒ではなく、敢えてかなりボールポゼッションを高くしているようで、「ここぞ」というタイミングのスイッチの切り替えが非常に機敏で、この感じだと昨シーズン苦しんだ「弾いて固める相手」に対する攻略が今シーズンは難なく出来るのではないかと想像されます。これは、トゥヘル監督がバルサ時代のペップ監督(現バイエルン監督)のやり方を非常にリスペクトしているということに端を発することなのかもしれないですね。

あ、それから忘れちゃいけない。新加入選手やレンタルバック選手、ユース上がり選手たち(ビュルキ、ヴァイグル、ホフマン、丸岡など)が軒並み素晴らしい可能性を見せていることも非常に大きな収穫ですね!!

今のところ明るい話題だらけの新生ドルトムント。
新シーズンの始まりが、本当に、本当に、とても楽しみです!!

関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。