FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
良くやった!!シンジ!!ブンデス100試合目に自ら祝砲!!値千金、メモリアル同点弾!!
スポンサードリンク


いや〜、ホントに最高です!!

こんなに嬉しい試合は、そうそうないですね。

もう、沢山ニュースで溢れてますが、香川真司がスゴいことをやってくれました!!

b5f304672-s.jpg
超カッコいいです!!

ブンデスリーガ 第28節 ブレーメン戦です。

a927037_922685361183524_1434000354_n.jpg

スタメンおよび交代選手は以下の通り。
香川真司は74分からの途中出場となりました。

ccolumnsv2_21752.jpg

予想外のシーソーゲームとなったこの試合を、ドルトムントは香川真司の劇的な同点弾とラモスの逆転弾により 3-2と逆転勝利に成功しました!!

この試合のヒーローはこの3人!!良い写真です。

d89aea5c79f6eaa17f49b5de81b24a540-1024x662.jpg


ジグナル・イドゥナ・パルクを埋め尽くした8万1359人のファンの前で、ドルトムントは前半を完全に支配します。
ただし、ブレーメンの激しい当たりと堅守を前に、結局ハーフタイムまでゴールをこじ開けることは出来ませんでした。

しかし、後半開始直後に待望の先制点が生まれます。ロイスからパスを受けたムヒタリアンがカウンターが開始。ムヒタリアンからラストパスを受けたオーバメヤンは、鮮やかなループシュートで相手GKの頭上を破りました(53分)。
これでオーバメヤンは今シーズン通算23ゴール、ムヒタリアンは通算14アシストとなりました。【1-0 ゴール動画】

e32C7CB7400000578-3521156-image-a-14_1459667518664.jpg


その後59分にはドゥルムに2-0とするチャンスが訪れましたが、残念ながら最後の詰めが甘く生かすことが出来ませんでした。

すると69分、ガルベスのシュートがカストロの足に当たってしまい、自チームのゴールネットを揺らしてしまいます。(これで、1-1。)【1-1 ゴール動画】


ここで、74分にドゥルムに代わって、ついに香川真司が登場!!(よっしゃー!!行けー、シンジー!!)

ところが香川出場の直後の75分、エズトゥナリのアシストからユヌゾビッチがしっかり決め、ブレーメンが1-2とまさかのリードを奪ってしまいます。。。【1-2 ゴール動画】

しかし今思えば、ブレーメンにリードを奪われたことによって、ドルトムントにとっては逆に見せ場が出来ましたね。

そして、77分にその時は来ました。

カストロの素晴らしいパスを受けたシュメルツァーが、左サイドからグラウンダーの速いクロス。これに3分前に途中出場したばかりの香川が左足ダイレクトできっちりと合わせ、見事な同点弾を叩き込みましたっ!!!!【2-2 ゴール動画】

f201604030405252c1.jpg
ひゃあ〜、かっけぇー!!

いや、こう言っちゃ何ですが、、、私トミー、このゴールの直後、感動のあまり雄叫びを上げるとともに、思わず泣いてしまいました。嬉しい、本当に嬉しい。シンジ、よくやった!!だから好きなんだよ、君のこと!!


そしてそして、その後の82分、ドルトムントのCKで、ムヒタリアンがエリア内にボールを放り込むと、こちらも途中出場したばかりのラモスが今シーズン6ゴール目を見事に頭で決め、3-2としました!!大逆転です!!最高です!!ラモス、最近めっちゃ調子良いです!!【3-2 ゴール動画】

g735179525bc42be9e359972470bbc19a-1024x683.jpg


ドルトムント対ブレーメンは、またしてもスペクタクルな試合となりました。
最終的にはシュート数で20対7、ボール支配率で71%と圧倒したドルトムントが3-2で勝利を収めました!!

なお、シャルケがインゴルシュタットとのアウェーゲームを0-3で落としたため、ドルトムントはUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ出場権を獲得しました!!

hFeest+bij+Borussia+Dortmund.jpg


それにしても、この試合は、本当にトゥヘル監督の采配がズバリ的中しましたね!!

そもそもスタメンが凄い!!最終ラインのCBではベンダーとギンターが初めてコンビを組み、その両脇はシュメルツァー(左)とピシュチェク(右)が固めました。またこの4バックの前にはヴァイグルが入り、なんとカストロとムヒタリアンが並んで中盤でプレー。前線では本来SBが本職のドゥルムとロイスが両翼に張り、オーバメヤンが中央に入りました。
そして、香川、ラモス、プリシッチの途中出場のタイミング。絶妙としか言いようがありません。巷では「戦術オタク」などと揶揄されたりもしていますが、トゥヘル監督は本当に頭が良く、勘が良く、その上、運が良い人ですよね!!

itt.jpg

同じ第28節、首位のバイエルン・ミュンヘンはフランクフルトに1-0と辛勝しました(リベリーの決勝弾、ヤバかったです!!)ので、2位ドルトムントとの勝ち点差は依然として「5」のままとなります。やはり流石に簡単には落としませんね、バイエルンは。


さぁ、最後に今後の日程です。ハードな日程で凄過ぎるカードが目白押しです!!

4月8日(木)は、いよいよクロップ監督のリバプールとのUEFAヨーロッパリーグ準々決勝第1戦(ホーム)です(日本時間8日午前4時5分キックオフ)。
そして4月10日(日)には、ゲルゼンキルヘンへ乗り込み、シャルケとのルール・ダービーを戦います(同10日22時30分キックオフ)。

ギュンドアンやスボティッチは故障で欠場していますが、それ以外の誰が出ても本当に強いドルトムント。
我らが香川真司も、珍しく代表戦の2ゴールにより復調し、帰還早々、素晴らしい仕事をやってのけました。本当にもう大丈夫でしょう。トゥヘル監督の戦術によりスタメンかどうかは分かりませんが、今回のような決定的な仕事が出来る選手は絶対にここぞという場面で使われます。願わくば、恩師クロップ率いるリバプールとの対戦において「恩返し弾」をプレゼントしてあげて欲しいと思います!!


関連記事
スポンサーサイト



スポンサードリンク


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.