FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
スポンサーサイト
スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


クロップ・リバプールがまさかの土壇場、大逆転!!ドルトムント、EL制覇の夢、潰える。
スポンサードリンク


aScreen-Shot-2016-04-14-at-220614.png


ドルトムントファンが、こんなことを言って良いのでしょうか?

でも本音なので、言わせて下さい。

クロップさん、さすがです。とてつもなく面白い試合を本当にありがとうございます!!これだからサッカーが好きなんです!!

ドルトムントが負けたのに、こんなに爽快な気持ちになるなんて、本当に不思議ですよ。

bfd0fdb6b-s.jpg

ドルトムントは敵地アンフィールドで悪夢の逆転負けを喫し、UEFAヨーロッパリーグ敗退が決まりました。
ホームでの第1戦 1-1のドローに続く準々決勝第2戦は、リバプールの4-3(前半0-2)の大勝利という結果に終わりました。

我らが香川真司は大方の予想に反して幸いにもスタメンでした。スタメンの顔ぶれを見るとギュンドアンなどを除き、ほぼ現状のベストメンバーが揃っている印象です。

c4781696.jpg

また、試合前にトゥヘル監督が『攻撃的に行って、2点、3点取りに行く』と言っていた通り、基本フォーメーションはブンデスリーガ前半戦で高い攻撃力を示した 4-3-3 を採用しました。(4-3-3を基本としつつ、ボールを奪うと3-2-4-1、ボールを失うと4-4-2にスイッチする感じです。)

d1434161_Borussia_Dortmund.jpg


試合の方は、両者ともにハイテンションかつもの凄いパススピードによるプレーで、まるでビデオの早送りを観ているような電光石火の展開を見せていました。

emkyodo_photo_PK2016041596870002_BI_JPG_00.jpg
高いレベルでプレーする香川真司。


そしてドルトムントがなんと開始9分までにムヒタリアンとオーバメヤンが次々と得点して2点をリード。願ってもない素晴らしいスタートを切りました。

0-1 ムヒタリアン(5分 アシスト:オーバメヤン)【0-1 ゴール動画】

f_0-1_377509_pertandingan-borussia-dortmund-vs-liverpool_663_382.jpg


0-2 オーバメヤン(9分 アシスト:ロイス)【0-2 ゴール動画】

f_0-2_Auba_20160415081411064.jpg


48分にオリジに1点を返され、1点差に詰め寄られたものの、57分にフンメルスからの信じられないようなスルーパスを受けたロイスが技ありのゴールで1-3とし、試合を観ていた誰もがこれでドルトムントの勝利(EL準決勝への勝ち抜け)は約束されたかと思っていました。

1-2 オリジ(48分 アシスト:ジャン)【1-2 ゴール動画】

f_1-2_Origi_201604150809568cd.jpg


1-3 ロイス(57分 アシスト:フンメルス)【1-3 ゴール動画】

f_1-3_G_Liverpool_Reus_Jubel_bvbnachrichtenbild_regular.jpg


しかしクロップ劇場はむしろここからが始まりでした。66分、コウチーニョがミルナーとのワンツーで中に切れ込み、16メートル手前からゴール右下隅を撃ち抜きます。ドルトムントの守護神バイデンフェラー兄貴にはなすすべがなく、またしても1点差に詰め寄られてしまいます。

2-3 コウチーニョ(66分 アシスト:ミルナー)【2-3 ゴール動画】

f_2-3_borussia-dortmund-philippe-coutinho-goal-celeb-liverpool-europa-league_3448829.jpg


その後も波状攻撃を仕掛け、何本もCKを奪ったリバプールは、その11本目をついに同点ゴールに結びつけます。72分に香川が退き、代わりにギンターが入りましたが、入ったばかりのギンターが誰をマークすれば良いのかまだ迷っているタイミングで、78分、コウチーニョがCKを蹴ります。これにサコが見事に頭で合わせ、スコアを3-3とします。これでリバプールは、なんとあと1点奪えば準々決勝を突破できるという状況になりました。もうこの辺りからは、ホームのアンフィールドのムードは『もしかしたら・・・』という異様な盛り上がりを見せてきます。

トゥヘル監督によるこの選手交代のタイミングはどう考えてもおかしいです。最悪です。本当に何故こんなことをしたのでしょう?通常はCKが終わってからです。ドルトムントの全選手が『自分はどこを守れば良いのか?誰のマークにつけば良いのか?』完全に混乱して見失っていました。またこの試合、香川は4−5本のCKを必死に防いでおり、対人や空中戦も含め非常に高い守備力を見せていました。それなのに何故このタイミングで中途半端にギンターというDF選手と交代してしまったのか?何故、最後まで『攻撃的に行く方針』を貫くことが出来なかったのか?

結果論ですが、間違いなく、この選手交代とサコによる同点弾がこの試合の勝敗の境目になってしまったと思われます。

3-3 サコ(78分 アシスト:コウチーニョCK)【3-3 ゴール動画】

f_3-3_20160415080955765.jpg


さらにトゥヘル監督は、82分、ロイスとカストロに代えてラモスとギュンドアンを送り込みます(これはタイミング遅過ぎです)。しかしこの采配も案の定、土壇場の決勝点を防ぐことはできませんでした。

アディショナルタイムに入り、スタリッジのパスを右サイドで受けたミルナーが中に折り返すと、ラモスが必死に競り合うも、これをロブレンが頭でたたき込み、ついにリバプールが大逆転に成功します!!

4-3 ロブレン(90+1分 アシスト:ミルナー)【4-3 ゴール動画】

f_4-3_201604150703281ca.jpg

gJS87421735.jpg


大熱狂するリバプールの選手達とクロップ監督、そして赤いサポーターたち。そしてそれと真逆の真っ青な顔をして『信じられない』といった表情で固まるドルトムントの選手達、トゥヘル監督、そして約3000人のドルサポたち。。。

最後の最後に95分、ギュンドアンがスコアを4-4とするチャンスを得ましたが、直接狙ったFKは無情にも枠の左側に外れていきました。試合はそのまま終了。

h8d59e9b3-s.jpg

h20160415-00000029-reut-000-1-view.jpg

i3330D35A00000578-0-image-a-17_1460698156438.jpg


リバプールのチーム史上有名な『イスタンブールの奇跡(CLでマンUに大逆転勝利)』にも匹敵するいわば『アンフィールドの奇跡』が新たにここに生まれました!!

iP-7c76944f-4728-4118-bc6b-36c72fbb0efe.jpg


ブラボー!!クロップ!!

やっぱり、私トミーはクロップさんのことがとても好きです!!

あなたのこの試合に懸ける情熱が大きな奇跡を可能にしたのだと思います。

ドイツのドルトムントファンによるこの試合に関するネット掲示板への書き込みに『トゥヘルはチェスをしていて、クロップは戦争をしていた。』という言葉がありましたが、これは本当に言い得て妙ですね。
タイプは正反対ですが、どちらも『良い監督』なのだとは思います。しかし、戦術家であるトゥヘルは『負けない試合』を追究し、情熱家であるクロップは『勝つ試合』を追究しているため、今回のような奇跡的な大逆転勝利は『勝つ試合』を追究する側にしか訪れないのだと思います。

sokkuri_CgBkisnUEAAmbVB.jpg
オマケ① 試合前にTVに映ったクロップのそっくりさんw

Sokkuri_CgBkXI5UEAArT9c.jpg
オマケ② 試合前にTVに映ったクロップのそっくりさんw

この後、リバプールは目出たくEL準決勝に進みます。組み合わせ抽選の結果、次はスペインのビジャレアルと当たるようです。もう一組の試合は、スペインのセビージャ vs ウクライナのシャフタールです。
是非ともリバプールには頑張ってELで優勝してもらいたいですね!!ELで優勝すれば来年のCLの出場権を得られるので、ドルトムントとCLの舞台で再び戦ってもらいたいなぁと切に願います。(次はもちろんドルトムントのリベンジということで!!)

kgCNxwpUIAAR5m1.jpg


さぁ、これでドルトムントにとって獲得可能なタイトルはDFBポカール(ドイツ杯)のみということになりました。
選手達の精神的なショックは相当大きいものだと思いますし、トゥヘル監督自身の受けた衝撃もまたかなり大きなものだと思います。

果たして、今シーズンの残り試合をどのように戦っていくのか。香川真司を始めとして素晴らしい選手達が沢山いるドルトムントです。こんなことくらいで沈んで欲しくはありません。是非この経験を糧として、より強いチームに生まれ変わってくれることを願ってやみません。

j20160415-00010003-soccermzw-000-1-view.jpg

関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。