FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
スポンサーサイト
スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


香川、2得点に絡む活躍!!ハンブルガーSVに3-0と快勝!!
スポンサードリンク


ELリバプール戦の悪夢はもう過去のもの!!

そう思わせてくれる気持ちの良いドルトムントの快勝と香川真司の躍動でした!!

ブンデスリーガ 第30節 ハンブルガーSV戦です。

aPrediksi-Borrusia-Dortmund-vs-Hamburg.jpg

さて、スタメンと途中出場選手は以下の通りです。

スボティッチ(腕の血栓症)とドゥルム(ひざの負傷)は欠場。また、ムヒタリアンとロイスは、連戦の疲労回復のためベンチ外です。
トゥヘル監督はリバプール戦の先発から大幅にメンバーを入れ替え、フンメルス、香川真司、カストロ以外の8人を変更しました。特に大きな話題と言えば、ドルトムントの未来を背負う期待の17歳コンビ パスラックとプリシッチの初めての同時スタメン出場でしょう。彼らにとってこれは非常に大きなチャンスです!!

b0bxuHo4y6ggsS3GY.jpg

さぁ、試合の方ですが、何と言っても我らが香川真司選手の2ゴールに絡むMOM級の大活躍がとても嬉しいですね!!
(どうやらブンデス公式でもラモスの2ゴール目に関して香川に1アシストがついたようです。)

CgQsrdJUIAAYIB0.jpg
リバプール戦の直後とは思えない、キレッキレの動きを見せたシンジ!!

試合開始直後からボールポゼッションはドルトムントが60%〜70%と主導権を握ってはいたものの、ハンブルガーSVによってボールを持たされている感もあり、なかな決定機を作り出すことが出来ずに長いこと膠着状態が続いていました。やはり相性の悪い天敵(実は2013年10月からドルトムントはハンブルガーSVに勝てていないのです・・・)ということもあるのでしょうか。

しかしドルトムントは非常に冷静かつ辛抱強くプレーしました。そして38分、若干17歳のアメリカ代表プリシッチにより、ついに均衡が破られます!!ショートコーナーから香川がエリア端の良いところに顔を出したフンメルスにパス。フンメルスがワンタッチでこれを前方のプリシッチにつなぐと、17歳の新進気鋭のFWはゴール前12メートルの位置からハンブルガーSVの2人の選手の間を狙い、ニアポスト内側に自身のブンデス初ゴールを決めました!!【1-0 ゴール動画】

dchristian-pulisic-dortmund-getty.jpg


続いて44分、中盤での競り合いからシャヒンが左サイドにいたラモスの前方にスルーパス。これを受けたラモスはエリア端で軽やかにクレベルをかわすと、11メートル手前から強烈な一撃をファーコーナーに突き刺しました!!【2-0 ゴール動画】

e201604180231184b8.jpg
ラモちゃん、子供出来たのかなぁ?

2-0とリードを拡げて試合を折り返したドルトムントは、51分、香川の迫力によって更なる展開を迎えます。
ハンブルガーSVのGKアトラーが、ラモスからのスルーパスに猛然と抜け出した香川にゴール前17メートルの位置でタックル。これに対し主審は一発レッドカードを提示!!アトラーは52分でピッチを去ることになってしまいました。【一発レッド動画】

fE9A699E5B79D2016E7ACAC30E7AF80GK.jpg
香川のファーストトラップが上手かった!!

g521910212.jpg
一発レッド!!

hkagawagk.png
相手GKに対する香川真司のこの悪魔のような笑顔。『ブラック香川』ですwww

さらにハンブルガーSVは、ラバディア監督が交代カードをすべて切り終わったあとの75分、エクダールが負傷。前半にラソッガも負傷交代していたため、何とこれで9人になってしまいました。

ここからハンブルガーSVは当然自陣にドン引きとなります。それに対し、リードをほぼ確実としたドルトムントもそんなに無理には行きませんでしたが、86分、ライトナーとのワンツーからの香川の強烈な一撃が二番手GKドロブニーにはじかれたところをラモスがごっつぁんで押し込んでスコアは3-0となりました!!【3-0 ゴール動画】

ientry_img_983.jpg
これでラモスはドッペルパックです!!何と後半戦8試合出場で6ゴール!!

結局、試合はこのまま終了し、ドルトムントが3-0の勝利となりました。

ELのリバプール戦での大逆転負けで大きなショックを受けたドルトムントでしたが、香川やフンメルスの落ち着いた活躍&リーダーシップ、そして17歳コンビ(プリシッチとパスラック)の若々しい躍動によって(あ、もちろん、ラモちゃんもね!)、何だかとても爽やかな気分転換となる勝利を掴むことが出来たように思います。トミーもかなり心配していたので、本当に良かったです。

l20160418172453060.jpg

あ、あと、日本代表の視点で見ると、ハンブルガーSVの酒井高徳はきらりと光るものがありました。プリシッチや香川とのマッチアップの場面が多くあったのですが、かなりの確率で1対1を制しボール奪取に成功していましたし、右サイドでのドリブルによる前線への上がりも鋭く、完全にドルトムントにとっての脅威になっていました。彼もハンブルガーSVへの移籍直後はかなり苦労していましたが、今ではしっかり実力をつけて定位置を獲得して活躍しているようです。これは非常に喜ばしいことです。ウッチーとはタイプの違うイケメンだし、これからももっともっと頑張っていって欲しいですね!!

k3o9ivRpD1Sndjeta-1024x966.jpg

さぁ〜て、いよいよ次の水曜日には敵地ベルリンのオリンピアシュタディオンへ乗り込んで、ヘルタ・ベルリンとのDFBポカール準決勝(日本時間21日3時30分キックオフ)です!!
原口の活躍も楽しみではありますが、やはりそうは言っても、ドルトムントにとって唯一可能性が残されたタイトルであるDFBポカールですので、今回のハンブルガーSV戦の勢いに乗って、まずはこの準決勝を勝ち進んで欲しいですね!!

関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。