FC2ブログ
ドルトムントと香川真司選手を応援します!!
ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー
大好きなドルトと香川選手を応援するブログです!!
スポンサーサイト
スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


香川、2Aの超躍動でポカール決勝進出決定!!やっぱりこのチームのサッカーはカッコいい!!
スポンサードリンク


いや〜〜〜、本当に素晴らしい試合でした!!頑張って早起きして観戦して良かったぁ〜!!

ドルトムント、DFBポカール決勝進出(3シーズン連続8回目)おめでとう!!

a522706994.jpg

DFBポカール準決勝です。
ドルトムントはヘルタBSCに敵地オリンピアシュタディオンで3-0(前半1-0)と快勝し、5月21日に再びベルリンの地に戻ってDFBポカール決勝を戦うことになりました。

bp9zmxswbiwrppul6z19hcnzuxe6hx5yssnx6iyq9.jpg


35年ぶりにDFBポカール準決勝進出を果たしたヘルタBSCは、6万人のファンの後押しを受けて本拠地で決勝を戦うという夢の実現を目指しました。一方、我らがドルトムントはEL敗退の無念を払拭するため、残された唯一のタイトルであるDFBポカールを手にするため最後のハードルに立ち向かいました。

先日のハンブルガーSV戦で主力数名に休みをとらせたトゥヘル監督は、その試合から先発メンバー5人を変更。シュメルツァー、ピシュチェク、ヴァイグル、ロイス、ムヒタリアンを一気に入れてきました。
なお、エースのオーバメヤンは先日のトレーニング中に足のつま先の剥離骨折が発覚したとのことで欠場となりました。全治どのくらいなのかは今のところ不明です。ちょっと働き過ぎましたかね。移籍の噂も絶えませんが、まずはしっかりと治して欲しいと思います。

スタメンは以下の通りです。
基本フォーメーションはこの図の通り、4-3-3(あるいは、香川がトップ下に入る 4-2-3-1)。

CggOP-xW8AEIW6k.jpg

攻撃時にはこの図の通り、SBシュメルツァーが前線まで上がり、ロイスと香川がツーシャドウになる形の 3-2-4-1という変則的なフォーメーションになっていました。

de0d9c28b3fce137c8775223bee942ef5.png


まぁ、とにかく何よりも大きかったのは、香川真司のスタメン出場ですね。

2016年に入ってから出場時間が限られていた時期が長かったですが、今やすっかり復調し、何だかんだで『公式戦4試合連続出場』です。連戦の疲れが残っているのではないか心配でしたが、フタを開けてみれば何のことはない、チームの3ゴール全てに絡み、2Aの超躍動で大活躍でした!!(キッカー誌でもMOMに選ばれたようです!!)
今まで本当に散々苦労していましたが、ようやくトゥヘル監督の求めるトップ下そしてツーシャドウの役割をついにモノにしたようですね!!さすが俺たちの香川真司!!まさに『小さな魔法使い』の完全リニューアルです!!
贔屓目無しに言って、香川が躍動しているドルトムントのサッカーは、スピード感と創造性が溢れる本当に面白いサッカーです。文句なくカッコいいです!!

epunatGrRg7Wzz37P-1024x677.jpg


さぁ、試合の方ですが、20分にドルトムントが均衡を破ります。右サイドでムヒタリアンが香川にパス。香川からのマイナスのクロスに合わせたロイスのシュートはブロックされましたが、こぼれ球がカストロの足元へ。ゴール右上隅を抜くカストロの見事なシュートが決まり、ドルトムントはスコアを1-0とします!!【1-0 ゴール動画】

f335F8E6E00000578-0-image-a-22_1461190349796.jpg
公式にこのゴールのアシストが香川につきました。

その後25分にシュメルツァーからのどんぴしゃクロスをロイスが思いっきり外して宇宙開発してしまいますが【ロイスの宇宙開発動画】、ドルトムントはハーフタイム直前になって立て続けに追加点のチャンスを迎えます。
41分、シュメルツァーのシュートがシュタルクにブロックされた直後、フンメルスがゴール前で相手選手3人をブルドーザーのようなドリブルでかわしてシュートまでいきましたが、これも残念ながらブルックスに阻まれてしまいました。【フンメルスの突進動画】
それにしても、こんなCBの選手他にいませんよね〜。いつもの前線への縦パスも素晴らしいですが、こんなに攻撃センスのあるCBは本当にに貴重です。フンメルスも移籍の噂が絶えませんが、出来れば男気見せてどこにも行かないで欲しいなぁ。。。

後半に入り、75分に待望の追加点が入ります。
ヘルタの攻撃の流れの中で、バイザーのクロスに合わせたカルーのダイビングヘッドが惜しくも外れますが、そこからドルトムントが速攻に転じ、最後はロイスが決定的な2点目を奪います!!ヘルタのブルックスが足を滑らせたところを香川が見逃さず、その香川からのパスを中央に入り込んだロイスがうまくフィニッシュしました!!【2-0 ゴール動画】

g_89360513_resu-getty.jpg
ゴール・セレブレーションで、アシストの香川との『胸ドンw』!!

最後の3点目を決めたのはムヒタリアンでした。83分、後方の香川のパスからロイスが仕掛け、フリーで待ち構えていたムヒタリアンがスコアを3-0としてこの試合の勝利を締めくくりました。【3-0 ゴール動画】

h5717ea767cb01_image.jpg


エースのオーバメヤンがいなかったにもかかわらず、本当に久し振りに前半戦のような『半端なく強いドルトムント』を見たような気がします。私トミーは、こういう試合が観たかったんです!!

30381_hertha-dortmund-pokal-1516_16_656x369.jpg

日本人対決ということで話題になりましたが、ヘルタBSCの原口元気も試合後に次のように語っています。

「相手が強かったなというか、(ボールを)取ってもすぐ取られてしまって……の繰り返しで、バイエルンとやっているのと変わらない感じだった。取ったときには乳酸が溜まっている感じ」

「(作戦は)まずは失点しないこと。耐えられればよかった。でもシンジくんのところがつかまえにくかった、結局あそこから斜めに動かれて、ついていけなくて失点してしまった」

ピッチ上では、これほどまでに圧倒的な強さを見せていたんですね。1週間前に大逆転負けしたリバプール戦が遥か昔のことのようです。ドルトムントは、そして香川真司はまたひとつ強く逞しく成長したということでしょう。

ib67e662f-ec4b-47fe-b1f7-8ea583899b34.jpg
だってみんな腹筋バッキバキでこの弾ける笑顔、ホントに逞しいです!!


さぁ、この後、土曜日のブンデスリーガではシュツッツガルトとアウェーで対戦(日本時間23日22時30分キックオフ)です。そしてその次のゲームは4月30日で、ヴォルフスブルクをジグナル・イドゥナ・パルクに迎えます。

そして、そして、非常に楽しみなDFBポカール決勝戦は1ヶ月後の5月21日で、相手はもちろん、そうです、宿敵バイエルン・ミュンヘンです!!今度こそ、王座奪還だ!!行けっ、ドルトムント!!

関連記事
スポンサーサイト
スポンサードリンク


コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 ドルトムントと香川真司とドルサポ・トミー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。